• 根津 亜季子

歌の上手い人とそうでない人の違いとは?④

歌上手の三大条件の第三弾 お待たせいたしました

本日は、呼吸についてお届けいたします

小難しい話が続いてごめんなさい! それでも読んでくれるあなたは、 なかなかのボイスマニアかも❤️

以前お伝えしたことが有りましたが、 声を出すためには呼気が必須でございます


なんだかんだ、呼吸と言うのがなかなか難易度が有るところかもしれません。

たまたま楽曲に恵まれて売れた一部のアーティストを除き 世界で評価されている偉大な歌手(ジャンル問わず)は、 ほぼ100%で、呼吸の仕方が上手いそう。

声の生成をオーディオに例えるなら、


声帯 ⇨ スピーカーのウーハーやツイーター 共鳴腔 ⇨ スピーカーの筐体部 (筐体:何らかの機能を有する電気機器などを収めた箱) 呼吸 ⇨ アンプ(プリ、メイン)

だそうです。

呼吸のコントロールは何種類も起こせると思います、 様々な息のコントロールを手に入れるほど、 人を魅了する歌声が完成します

そこで、呼吸(ブレス)が上手いと言われる POPシンガーの一部を挙げてみましょう

洋楽🎵フレディ マーキュリー             マイケルジャクソン           ホイットニーヒューストン           セリーヌディオン 邦楽🎵久保田利伸さん /清水翔太さん           吉田美和さん / 和田アキ子さん

呼吸は、肺活量の多さだけで語れるものでは有りません

呼気の、 速度/流量/圧力のコントロール を要します また、呼気の素早さと動揺しない、

胸郭筋の存在も大切 これらを使うことで、歌唱用の呼吸が完成します。

歌もスポーツと同じで、喉周りや胸部筋肉の柔軟性が大切なのですね

さぁ皆でブレスマスターを目指そう

次回、絶対読んで欲しい番外編へ続く…!!!

******************************** 根津 亜季子ボーカルスタジオ レッスンお問い合わせはコチラ(公式ホームページへ飛ぶ)

0回の閲覧